車買取査定に関係する走行距離で知っておきたいこと

車買取査定で大きく関係するといわれるのが、車の走行距離です。走行距離は、車への負担を示すバロメーターです。走行距離が長ければ長いほど車には負担がかかっていますので、車買取査定で安くされてしまいやすくなります。そこで、車買取査定と走行距離の関係性について詳しく掘り下げていきます。

走行距離10万キロ以上はなかなか厳しい

男性

車なしでは生活できないような地域に住んでいる人は、走行距離が10万キロを超えてしまうこともよくあります。1日に平均して20キロぐらい走っていれば、いずれ10万キロに到達します。あくまで同じ車にずっと乗り続けた場合の話ですが、走行距離が10万キロを超えることが珍しくありません。そんな走行距離が10万キロを超えた車は、車買取査定において評価されにくくなってしまいます。10万キロを超えていれば、車のいろいろなところに負担がかかっています。

きちんと車検を通しているわけですから走行には問題がないとはいえ、何かしらのトラブルになりやすい状態だと判断されやすいです。ここで重要なのは実際にトラブルが出るか出ないかよりも、中古車になったとき走行距離を見て買いにくいと思われてしまうことが大きいです。走行距離が長ければそれだけ車としての寿命が短いのではないかと心配されてしまいますので、そうなると買い手がつかないリスクを業者が抱えます。この影響があるので、走行距離が10万キロを超えていると査定に響いてしまうのです。

高値で査定されるタイミングを走行距離で見極める

数字の模型

走行距離はどれぐらいだと高値で査定されるのかは見極めが難しいですが、一般的には5万キロを目安にするのが良いとされています。5万キロを超えないうちに査定してもらえば、高値で査定される可能性が高いということです。

ただ、車の売買はそんなに簡単にできるわけではなく、走行距離だけを判断基準に見極めるのは難しいです。また、5万キロを超えていたら絶対に安くなってしまうというものでもありませんし、5万キロを超えていなくても走行距離以外のことが原因で安く査定されてしまうこともあります。車買取査定は常に流動的ですので、これなら絶対高値になるという決定的なファクターはありません。

走行距離についてもあくまで目安ですので、ひとまず4万キロを超えたあたりから車買取査定のことを頭に入れておく、というぐらいの感覚でいれば柔軟に対応できます。5万キロを超えていなければまずまずの査定額になると期待できますので、ちょうど車買取をしてもらおうと思っているタイミングなら意識したほうが良いのは間違いないです。

走行距離が5万キロを超えていても査定にあまり響かないことも

お金

走行距離5万キロは車買取査定で1つの目安にはなりますが、それを超えているからといって査定額がガクッと落ち込むと決まっているわけではありません。現在は車がかなり優秀な性能になってきていますし、定期的なメンテナンスがしっかりされている状態の良い車なら、たとえ6万キロや7万キロでもそれほど査定に響かないこともあります。

その辺の査定についてはもちろん査定士次第ですのではっきりとしたことはいえないですが、あくまで車全体の印象によって査定額が替わる可能性は十分あります。また、車種や年式との関連性についても、もちろん加味されます。車種や年式によって同じ走行距離でも査定に差が生まれますので、走行距離うんぬんだけで査定額が決まるわけではありません。走行距離が長ければ長いほど良いということはさすがになく、長ければ査定額は安くなる傾向があります。ですが、それはあくまで大まかな傾向ですので、状態に自信があるなら実際に車買取査定をしてみて判断するのが確実です。

走行距離を無駄に長くしないよう意識して運転

車

会社へ行くためにマイカー通勤をしていたり、スーパーでまとめ買いした荷物を運ぶために車を出したりするのはともかく、必要に迫られていないシチュエーションでは車を運転しない選択も日常生活に取り入れていくと走行距離を長くせずに済ませられます。

コンビニにちょっと買い物に行くだけだったりなど、歩いたり自転車で行ける距離ならあえて車を使わないようにするのも、走行距離を無駄に長くしないための考え方です。それをしたからといって車買取査定に大きく影響があるとは限りませんが、必要な時だけ車の運転をするというポリシーなら、車の走行距離について納得できます。

車を持っている以上頻繁に乗りたくなる気持ちはあって当然ですが、必要のないシチュエーションでは控えることも、後々の車買取査定において高値をキープするためには考えておきたいことです。無理に徹底する必要はまったくありませんが、車買取査定では走行距離が関係してくるということを意識すれば、あまり必要のない運転は控えようという気持ちになりやすいです。

まとめ

車にコンスタントに乗っていれば、走行距離は年月を追うごとに長くなっていきます。それは車に乗る以上しかたがないことですが、車買取査定において走行距離はそれなりに影響力のあるファクターです。走行距離ばかりを普段から気にしてはいられないかもしれませんが、時には注意してみると後々に影響することがあります。ですので、車に乗るときは走行距離のことを頭に入れておくようにすると良いです。

関連記事

  1. 車買取査定には詐欺があるのか?詐欺を防ぐ方法とは

  2. 車買取査定は洗車がポイント

  3. 車買取査定を行う際、エアコンで注意しなければいけない点とは?

  4. ディーラーで車買取査定をするのは損?査定のポイント

  5. 車買取査定において傷はどうとらえられるのか

  6. 車買取査定においての整備記録簿と保証書

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。