車買取査定では10年落ちって不利?10年落ちとは?

車の買取査定、長く大切に乗った車ほどできる限り高い値段で買い取ってもらいたいですよね。でも車の買い取りでよく聞く10年落ちってなに?という方や10年落ちだって言われたけどこの車って売れる?という方に車買取査定における10年落ちの仕組みを解説。どのような車は10年落ちでも売れるのかということまで書いていきたいと思います。

車買取査定で年数って重要なの?10年落ちって?

紙と電卓

車買取査定では、車の価値を測ります。その車の価値とは傷や車のエンジンやボディー、足回りの状態、事故の有無など車を大切に乗ってきたかどうかということを見ます。そしてそれ以外に車をいつ購入したかということも大切になってくるのです。

なぜ、いつ購入したかが関わってくるかというと基本的に車は年数を何年も乗るか長い距離を走行した場合にどうしても車の調子が悪くなるということが多いのです。そして、車の調子が悪くなりやすくなるということは修理費なども多くかかってくるのです。そして車のデザインもその時代ごとの流行りのデザインがあります。

どうしてもあまり古いデザインの車は中古車を購入する人たちも購入をためらいがちです。そうなってくるとあまり売れない車は中古での販売価格が下がるので車買取査定の額も下がってしまいます。また、最近の車はエコカー減税などで税金の免除もありますが、古い車になると適応外の車が多いので車買取査定の額も下がってきます。

10年落ちとはいったい何?

女性

さて、本題の10年落ちというものですが、その名の通り型落ちの様に古くなって価値が落ちたということを指します。10年という言葉が使われるのにもいろいろ理由がありますが、はっきり目に見えてわかるのは10年経つと車のデザインがある程度一新されたりすることが多く、車を購入する人たちにもあまり人気がなくなってしまい車の価値が下がるということがあります。車種によっては車の修理の際に必要な部品が取り寄せだったり、なかったりで修理に余計な時間と費用が掛かっていしまうことで購入者に中古車を販売する業者が販売する際に修理費が多くかかってしまいます。

人気のあまりない古い車を値上げできないため代わりに買取価格をさげなくてはならないということになってしまうため車買取査定の金額に影響が出てしまうのです。そうなってくると買取価格は10年未満の車と比べるとガクッと落ちてしまいますので10年落ちと呼ばれてしまい、そうなる前に車買取査定に出したほうがいいと言われています。

10年落ちの輸入車の場合はどうなの?

車

10年落ちの車はガクッと値段が下がるといいましたが、輸入車の場合はじつはもっと値段が下がります。輸入車にも新車の時は数年の保証がついています。その方保証期間中は代金を使用者が負担しなくてもいい場合があるのですが、その保証期限を切れてからが一般的に故障が増えると言われています。実は輸入車は故障をした際に在庫がない部品を海外から取り寄せなくてはならないのです。

そうなってしまうと10年以上前の輸入車は修理にものすごくお金がかかってしまうため業者によっては値段がつけられないというところもあります。そうなってしまうとほとんどお手上げです。輸入車を専門に扱っている業者なら車種によっては車買取査定の額が上がってきますが、一般的な買い取り専門店や中古車販売店ではあまり期待できないでしょう。ですから、車買取査定に輸入車を出すなら購入してあまりたたないうちに次の車に乗り換えて車買取査定に出してしまうか、長く愛着を持って最後まで乗り続けることをお勧めします。

10年落ちって悪いイメージしかないの?

女性

ここまで10年落ちの説明をしてきましたが、どうしても「落ち」という言葉のイメージ通りあまり良くないイメージのことが多かったですね。しかし、実はあまり良くないイメージの10年落ちもそれなりな値が付く車種がいくつかあります。

その代表的なものがディーゼルエンジンで動く車です。ディーゼルの車はガソリン車と違いエンジンが故障しにくく走行距離も10万キロを超えてからが調子がいいと言われるぐらいです。ですので、年数が経ってもあまり値段が落ちません。そのような車は10年落ちでもガソリン車の10年落ちよりも高値で取引されています。ほかには、決まった車種を取り扱っている専門の中古車販売店で車買取査定をすることです。車は車種によってはモデルチェンジした後もモデルチェンジする前の車を求めるコアなファンがいる車種があります。

そういった車種でしたら10年落ちでも車買取査定で希望に近い額を出してもらえるような場合があります。10年落ちでもきれいに乗っておりちゃんとメンテナンスされていれば思わぬ高値が出る場合もあるでしょう。

まとめ

どうしても10年落ちでの車買取査定は難しくなってきます。最近では購入後13年以上たった車の増税なども始まり10年落ちの車の扱いはさらに難しくなってきています。ですが、10年落ちの車でも買い取り額がそれなりにでる買取店もないとは言えません。長く大切に乗った愛車なので、車買取査定でよく見積もってもらうためにもしっかり買取店を選びましょう。

関連記事

  1. 車買取査定を行う際、エアコンで注意しなければいけない点とは?

  2. 車買取査定においての整備記録簿と保証書

  3. ガラスヒビと車買取査定について

  4. ディーラーで車買取査定をするのは損?査定のポイント

  5. 車買取査定には詐欺があるのか?詐欺を防ぐ方法とは

  6. 車買取査定に関係する走行距離で知っておきたいこと

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。