事故車や動かない車の車買取査定はどうなるのか

車買取査定をするにあたって最初から買取なんて無理だろうと思い込んでしまいがちなのが、事故車や動かない車のようないわゆるワケありの車です。通常の状態の車ならいざ知らず、ワケありの車はつい査定を躊躇してしまいます。しかし、車買取査定で価値がつかないと思われるような車も、買取を行ってくれることがあります。そんなちょっと特殊な車買取査定について説明していきます。

事故車や動かない車でも場合によっては車買取査定の対象に

お金と電卓

事故車や動かない車は、本来なら車としての利用価値がだいぶ下がっています。事故車は見た目がとても悪くなっていたりしますし、動かない車に関しては車としての機能を失っているのですから、利用価値が下がっていたとしてもしかたありません。普通ならそんなワケありの車は車買取査定対象にはならず廃車するしかないと判断されてもしかたないのですが、業者によっては廃車にしないどころか車買取査定対象になることがあります。

車買取査定の対象になるのですから、もちろん買取額が出ます。それは買取額が数万円、あるいは数千円というレベルになってしまうかもしれませんが、それでも買取は買取です。こちらからお金を払ってでも処分しようと思っていたところに買取額がつけられるのですから、それだけで御の字なのは言うまでもないことです。事故車や動かない車はもうどうにもならないとさじを投げてしまいがちですが、勝手にダメだとは思い込まず、車買取査定の対象になる業者がないかよく探してみたほうが良いです。
事故車買取のタウ

狙いは小規模な個人の自動車買取業者

女性

今ではいろいろなタイプの業者が自動車買取を行っていて、中にはさまざまな地域に出店しているような大型店もあります。普通の自動車ならそんな大型店に車買取査定をしてもらえば良いのかもしれませんが、事故車や動かない車となるとそういうわけにもいかなくなります。せっかく査定してもらってもまったく価値がつかなかったり、廃車するしかないと査定されるかもしれません。

そんなときは大型店だけにこだわるのではなく、小規模な個人の自動車買取業者にも目をつけてみると良いいです。そこなら車買取査定で確実に価値がつくと言い切れるわけではありませんが、査定してもらって買取可能な場合があります。

個人の自動車買取業者は顧客との結びつきを大事にするため、買取の受け入れ幅をしていることがあります。まずは大型店をあたってみて、それで上手くいかないようなら個人の自動車買取業者まで辛抱強く探していけば、きちんとした買取額をつけてくれる可能性はあります。ですので、1つ2つダメでも探し続けることがポイントです。
事故車買取のタウ

どういう理由で買取が可能なのか

クエッションマーク

事故車や動かない車なのになぜ買取をしてくれるのか、その点は単純に気になるところです。業者によって理由は違うかもしれませんが、大まかに分けると2つです。まず1つ目は、事故車の場合大幅に価格を下げれば買い手がつくという理由が挙げられます。事故車とはいってもいろいろで、見た目は悪くても走行さえできれば自動車としての機能は生きています。世の中には見た目はどうでも良いからとにかく安く車を買いたいという人もいますから、それなら買取をしても十分儲けを出すことができます。これなら車買取査定によってある程度の値をつけても損はしないですから、買取をしてくれるというわけです。

では、動かない車はどうなのかということですが、これは分解してパーツを海外向けに売るという考え方があります。特殊なルートを持っていなければできないことですが、そういった形で利益を出す自動車買取業者はあります。まったく役に立たないと見越せる動かない車ですが、実はそんな形で利益を出すルートを確保していることがあります。
事故車買取のタウ

車買取査定の結果はいくらぐらいになるのか

男性

事故車や動かない車のようなワケありの車を買取してもらおうというのですから、多くを望めないことは言うまでもありません。買取をしてもらえるというだけで、ラッキーと言うべきなのは間違いないです。ただ、正直なところどれぐらいの買取額になるのかは気になるところです。事故車の場合は状態にいろいろと差がありますからなんとも言えないところですが、動かない車は軽自動車なら数千円以上、普通自動車なら数万円以上というのが相場といえるところです。

これはあくまで本当に大まかな目安に過ぎませんので、この通りの買取額になると保証されているわけではありません。もっと安く買取されることもあれば、逆にもっと高く買取されることもあっておかしくないです。そのあたりは車買取査定の方法や各業者の基準によって異なりますので、たくさん査定を依頼してみると良いかもしれないです。ただ、1つ言えるのは事故車でも動かない車でも、絶対査定の対象にならない無価値と決まっているわけではないのです。
事故車買取のタウ

まとめ

車として機能を果たしていないなら、もう役立たずだと誰もが考えるかもしれません。しかし、実はそうではなく、車買取査定の対象になることが業者によってはあります。事故を起こしてしまった事故車、そして動かない車は長く持っているより早く手放すことを最優先させたくなりますが、買取額をいくらかでもつけてもらって手放すのがベストです。

関連記事

  1. 車買取査定において、ペットの匂いは減点になる?

  2. 車買取査定には詐欺があるのか?詐欺を防ぐ方法とは

  3. 車買取査定では10年落ちって不利?10年落ちとは?

  4. 車買取査定に関係する走行距離で知っておきたいこと

  5. 車買取査定において傷はどうとらえられるのか

  6. 車買取査定においての整備記録簿と保証書

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。