車買取査定において傷はどうとらえられるのか

車買取査定で気になってしまうのは、車についてしまった傷です。ちょっとした傷ならまだしも、大きな傷は査定でマイナスになるのではないかと心配になってしまいます。では、車買取査定と傷はどのように関係しているのか、傷の程度ごとに解説していきます。

肉眼でかろうじて確認できるぐらいの小さな傷

男性

車に愛着を持って乗ってきた人は、ちょっとした傷でも気付いて過敏になります。いつどこでつけたのかわからないような小さな傷も、あればマイナスポイントとしてとらえてしまいがちです。傷は確かにないほうがボディは綺麗に見えますので、小さな傷でもダメなのではないかと思ってしまいますが、あまりにも目立たない傷なら車買取査定においてまったくマイナスにならないこともあります。ボディが傷一つない綺麗な車ならそれに越したことはありませんが、中古車である以上そこまでのクオリティは求められていないです。

つまり、小さな傷なら特に気にする必要はないですし、傷を消すためにわざわざ修理したり、塗装したりもしないほうが良いです。むしろ余計なことをしてしまって逆に目立ってしまうほうが良くないですので、小さな傷には気付いてもそのままにしておいたほうが車買取査定においては正解です。それで査定額をマイナスされてしまったらガッカリですが、そうはならないのが一般的です。

はっきりとわかる傷はマイナスされてしまうことも

男性

車庫入れの時にハンドル操作を誤って傷つけてしまった、車両との接触事故で傷をつけてしまったなど、明らかに傷とわかるような痕跡があるとさすがにマイナスとなってしまうことがあります。車買取査定では鑑定士がボディをしっかりチェックしますので、傷があればすぐにわかります。傷とわかるような痕跡があれば隠し切れないのは明らかですし、マイナスになるということを覚悟して車買取査定に臨んだほうが良いです。

それなら傷を修理してから車買取査定をしてもらえば良いのではないかと考えたくなりますが、それが正しいとは言い切れません。なぜなら、査定に響かないよう傷を目立たせなくするためには、結局かなりの修理費用を必要とするからです。それでは仮に傷が目立たなくなったとしても本末転倒ですので、たとえマイナスされる可能性が高いとしても、わざわざ修理してまで傷を隠そうとするのはあまり効率的とはいえません。ですので、はっきりとわかる傷があってもそのまま売ってしまったほうが余計な手間はかからないです。

傷でどれぐらいマイナスされるか問い合わせてみる

携帯

車買取査定における傷のとらえ方は、各業者によって判断が異なります。小さい傷がある程度ならまったく気にしない、マイナスをしないという業者もあれば、ボディ全体でどの程度印象が変わるかによってマイナスをする業者もあります。これは業者ごとに車買取査定の方針が異なりますので、傷に対するとらえ方も千差万別です。

もしも傷についてどうしても気になるというのなら、どんな判断になるのかを問い合わせてみるのが手っ取り早いです。車買取査定の買取額は傷だけが関係しているわけではなく、傷以外のいろいろな点が判断材料になっています。

ですので、傷だけにあまりにもこだわり過ぎるのは良くないですし、もっと全体的に考えていかないといけないです。しかし、やはり見た目にインパクトのある傷というのはどうしても気になってしまうものでしょうし、傷について白黒ハッキリつけてしまいたいのなら、車買取業者に直接問い合わせてみるとスッキリします。傷をどうとらえているのか、教えてくれるはずです。

傷のことも含めてよく比較することが大切

グラフ

ボディについてしまった傷のことは気になりますが、それも含めて業者をよく比較することが大切です。傷について過敏になり過ぎた結果振り回されてしまうのは、あまり良いことではありません。

それでは苦労が多いわりに報われませんので、傷のことだけではなくてもっと総合的に比較をしていかなければいけません。傷といっても多少の傷なら見逃されることもありますし、見逃されなかったとしてもマイナスが小さければこだわることもないです。それよりも、査定額についてどうなるのかをトータルで判断することが重要で、まずその点を重視して比較をしていくことが大切です。

車に傷がついていたらそれだけでげんなりしてしまいますが、そこまで心配しなくても良いことのほうが多いです。車買取査定をし慣れていないと大幅にマイナスされてしまうのではないかと疑心暗鬼になってしまいやすいですが、もっと気楽に構えて大丈夫です。ですので、車買取査定における傷のとらえ方については、よっぽど大きな傷でない限りそれほど気にしないほうが良いです。

まとめ

長く車を運転していれば、どうしても傷はついてしまうものです。車はいろいろなところを走りますので、傷がつかないほうが珍しいです。無傷の状態で車買取査定に臨めれば気分が良いですが、なかなかそういうわけにもいきません。傷は大小問わずつくのが普通です。ただ、そればかり気にし過ぎるのはよくないですから、傷のことだけにとらわれないで車査定に臨んだほうが良いです。

関連記事

  1. 車買取査定には詐欺があるのか?詐欺を防ぐ方法とは

  2. 事故車や動かない車の車買取査定はどうなるのか

  3. ディーラーで車買取査定をするのは損?査定のポイント

  4. 車買取査定を行う際、エアコンで注意しなければいけない点とは?

  5. ガラスヒビと車買取査定について

  6. 車買取査定において、ペットの匂いは減点になる?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。